江古田の空より愛をこめて~環便り

昭和の風情が残る街、六畳一間的な空気感が魅力の江古田にある、和雑貨屋の店主のブログです。江古田に遊びに来て下さい。

手ぬぐいは友達のごとし

随分と放置していた「注染手ぬぐい」の通販ページを更新しました。夏に向けた柄が増えております。

f:id:wazakka:20200712170633j:plain



江古田散策で立ち寄った若い方達が「手ぬぐいってどんな時に使うのかよく分かんないんだよね」と話しているのが聞こえてきました。

 

私なんか、布おしめ世代だし、家庭では晒のふきん、古いものは雑巾に使ったり、汗をかけばハンカチやタオルよりも手ぬぐいで拭われた子供時代。晒(さらし)は普通に使われていた記憶。

 

汗拭くために作業している人が首からかけてる姿や、腰から下げて手を拭くおじさんとか、普通の光景でしたよ。あれ?青森の片田舎の農村育ちだからかも(苦笑

 

何しろ、昭和は遠くになりにけりな気分で聞いておりました。

 

すると、話を振られた女子が「え?何言ってるの?普通にハンカチとかタオルみたいに使ってるよ。柄が可愛いと使うのもったいなくて、引き出しにしまってコレクションになっちゃってるけど、基本布だもん、普通に使えばいいんだよ。ハンカチよりうんといいよ。」

 

素直な感想、ありがとう、です。

 

私だと、晒がどういう生地か、注染ってどんな染め方なのか、つい製品の説明に走ってしまいますが、そういうあれこれは使っていくうちに、他の何かと違うような気がすると、自然と調べて学んでいくものですから、入口はシンプルな方が通じやすいよな~と、勉強になりました。

 

友達同士、それぞれ違った趣味嗜好であれば、好きなもの、いいなと思うものを自然に情報交換しながら、互いに影響を受け合い、自分にとって好ましいものを学べます。

 

何でも気軽に言える関係は、大人になると作るのが難しくなるから、若いうちのお友達とは仲良くね、なんて。

手ぬぐいは、使い古して色あせてきても風情があるし、柔らかさが増して肌触りが良くなるし、古い友達と一緒。特別大事にしなくてもいいけれど、気付くと大事なものになっている、そんなアイテムだと思います。

 

----------
可能であれば、店頭で実物を広げて、染めの色合いやにじみを見ながら選んでいただき、和晒の手触りも味わっていただけたらと思います。

 

ムーミン柄も人気です
通販→https://goo.gl/iwqCPW
※**☆***★*※*☆**※★***☆※*★
和の心を贈る、伝統工芸と和雑貨の店
「暮らしを美しむ小道具の店 環」
03-6914-8050
http://www.wazakka-kan.jp/
環のFacebookページ いいね!よろしくお願いいたします
https://www.facebook.com/wazakka.kan
環のtwitter フォローよろしくお願いいたします
https://twitter.com/from_kan
#和雑貨 #和小物 #江古田 #zakka #注染手ぬぐい #ハンカチ代わり #首タオル #飾ってもよし #色柄豊富 #日本の布文化